本文へスキップ

 

TEL. 03-6426-2240

〒142-0041 東京都品川区戸越6-9-20

銀イオン水SERVICE&PRODUCTS

銀イオン水 強力・持続除菌液


銀イオン水(Ag)は殆どの病原菌に対し除菌効果が観察されています
食中毒菌やカビの悩みを素早く解消します
水の除菌処理
手荒れせず、錆ない、無臭
◎銀はアレルギーになりにくい安全な金属
アルコールよりはるかに除菌力が強く効果長時間持続します
   ※アルコールの殺菌持続時間は15分です

  厨房で大活躍
○除菌
手指、まな板、包丁、食器
厨房作業台
ご家庭で
○エアコン内部のアルミ放熱板
○冷蔵庫の除菌
車に
○エアコン出口の臭い防止
○水筒・哺乳瓶等の防カビ・消臭

日常の便利な使い方
まな板包丁、食器など調理器具の除菌・抗菌
トイレ便座の周りの除菌抗菌に
加湿器タンクの除菌・ヌメリ予防
風呂水の除菌やヌメリ防止
お風呂に入れないときの身体の除菌、抗菌に
○お子さんの玩具の衛生に
衣類やハンカチ等の除菌、抗菌、防臭に
脇汗や体臭の消臭に
○アルコールや塩素の臭いが嫌いな方のエチケットに
○車のエアコン吹き出し口にスプレーして消臭

●原液が衣服や皮膚に付着し時間が経つと成分が感光して黒く変色しますので、付着した場合には流水で流してください。

銀イオン水の特徴 毒性が無い
・中性で、環境汚染の心配がありません。
・持続除菌力に優れています。密閉されたボトル飲料水ならば長期間腐敗しません。
菌類の発生を抑制します。
※欧州で1930年代に流行したコレラや、1940年代に大流行した赤痢の対策には銀で殺菌した水が使用されました。
  ※銀(Ag:silver)は有毒な水銀(Hg:mercury)とは全く異なる金属です。








安全 銀イオン水は 無味無臭 細菌の発生を長期間抑える持続性があります。
・哺乳瓶やおしゃぶり、保温ボトルの飲み口など口に触れるシリコンやゴム等を、洗剤で洗浄後に銀イオン水に30分程漬け置きすると、除菌消毒でき、熱に弱いゴムやプラスチックなどの除菌に最適
・塩素臭が嫌いな人の風呂水の除菌
・抗菌作用が持続ので、クリーンルームなどの特別な施設でなくても鮮度を保つ作業ができます
飲用水の殺菌消毒例 ※米国FDA(食品衛生基準局)で、飲料水中の銀イオンは0.1ppmまで認可されています。

◎パンやお菓子製造の悩み(ハンゼヌラ菌)
  パン工場のカビはアルコール消毒では不完全

ハンゼヌラアルコールをエサに繁殖するカビの一種です

パンやケーキ等の製造現場で消毒用アルコールを過信し使いすぎると、このカビが大量発生し商品の廃棄に繋がります
一度このハンゼヌラ菌が室内に住み着くと、室内を直ちに除菌しなければ被害が広がります。

アルコールを餌に増殖するカビ:ハンゼヌラ
パン作りにアルコール消毒の過信は事故のもとです。 

シンナーのような異臭がする!
このシンナー臭はハンゼヌラ属酵母(Pichia anomala:カビ)の増殖が原因です。  
この酵母(カビ)はアルコールをエサにして繁殖します。
食品でハンゼヌラ酵母が増殖し、エチルアルコールから酢酸エチルが産生されて、セメダインのような強烈なシンナー臭になります。
ハンゼヌラは乳白色の円形、丘状の集落を形成します。あたかもコブのように見えます。
ハンゼヌラに汚染されたパンを焼くと酸っぱくなります
パン、ケーキ、カステラ、ジャム、牛丼、寿司弁当、いなり寿司、うどん、そば、生めん、佃煮、れんこんの炒め物、粒餡入りよもぎ団子、福神漬、ぬか床、漬物、ジュース類、シロップなどの食品でシンナー臭クレームはハンゼヌラ酵母汚染が原因です。
ハンゼヌラ酵母自体はどこにでもいます。
 パンは高温で焼く為、食中毒の恐れが少ないと油断しがちですが、室内汚染していると焼き上がり後の放冷中のパンにハンゼヌラ酵母が付着してシンナー臭いという苦情になります。パンのシンナー臭は工場の空中浮遊菌から二次汚染したハンゼヌラ酵母が原因です。パン製造現場では殺菌に多量のエタノールを使用しています。
 従来よりエタノールは細菌や多くのカビの生育防止の効果を上げてきました。しかし、長期間エタノールを散布しているとエタノールを資化して酢酸エチル(シンナー臭)を生成する酵母、ハンゼヌラ酵母が工場に蔓延してパンの異臭発生原因となります。

【手作りパンが酸っぱいパンになっちゃった? 】
パン種が酸っぱい?
パン種を作る際に過度に酢酸菌が繁殖している可能性があります。酢酸菌はどこにでもいるパン作りに邪魔な菌で、特に温度が高い夏場に繁殖しやすいです。パン種が酢のような刺激的な酸っぱさを感じたら酢酸菌が原因と思いましょう。
この場合はパン種の量を減らしても酸っぱいパンになります。作り直しも無駄です。
室内が汚染しています。アルコール殺菌を中止して銀イオン水で周囲を除菌しましょう。

【短期的ハンゼヌラ対策】 : 殺菌・消毒目的での食品へのアルコール噴霧などを中止することをお勧めします。
 ハンゼヌラ酵母はエタノールに対して親和力が強く、エタノールを炭素源として発育します。
エタノールは酵母の呼吸作用を促進するばかりでなく、酵母による酢酸エチル生成を増進します。
パン工場の殺菌にエタノールや酢酸等の有機酸の使用は本菌の生育防止対策とならず逆に増加させます。
別の安全で効果的な除菌方法が銀イオン水なのです。

【開発の経緯】 弊社のお取引様に公立病院などに大量に無添加パンを製造販売している社長様からの相談がありました。
「パンを作る際に作業台やバンジュウや手指などあらゆる場所にアルコール殺菌しているのだが、シンナー臭い原因となるハンゼヌラという菌が悩みなんだ」、「全国のパン屋さんやケーキ屋さんなど小麦粉や米分などを扱っている方が悩んでいるよ」「アルコールは手も荒れて食中毒の原因にもなるし」との悩みでした。
 そこでハンゼヌラに効果があり様々な菌にも除菌効果があり、アルコールになり替わる除菌剤の開発をすることになりました。
◎効果が確実、
◎耐性菌ができない、
◎安全、
◎効果が持続、
◎除菌効果が古来より認められている、
◎誰しも知っている除菌剤
として、銀イオン水を開発することとなりました。
 ※アルコールの殺菌効果の持続時間は約15分しかありません。
【追伸】 もう10年以上前のことですが、知人から鹿児島名産のカステラ状の生地にクリームが入っているスイーツをお土産に頂きました。でも酸っぱく変な味だったので、メーカーに問合せたところ、交換の品が送られてきました。
でもやはり酸っぱくて廃棄しました。今思うとエチルアルコールの使い過ぎで、ハンゼヌラ酵母に汚染した工場だったのでしょう。

【安全性】 2012年現在、銀が人体に有毒であるという学術的な報告は一切確認されていません。
  WHO(世界保健機構)は濃度0.1mg/Lの銀イオン水を毎日2L、70年間飲んだとしても、発癌性、急性暴露、慢性暴露による人体への影響はないNOAEL(害にならない最大量)に満たず、害はないとされています。

銀(Silver、Ag)は、抗菌剤としてだけでなく、食品添加物としても認知されています。
銀は無味無臭で非常に安定した物質であり、空気にふれても酸化しにくく、極めてアレルギーになりにくい安全な金属です。
カビや腐敗の防止に古来より使われています。

【口臭清涼剤に銀のコーティング】
誰でも知っている身近な商品に銀は使われています。
また
口臭清涼剤」やカステラや羊羹の内包装紙にも銀箔が用いられています。

【遠洋航海の銀の水カメ】
1300年前には、銀の硬貨を入れておいた井戸からは伝染病が発生しなかったという記録があります。
これらのことから、銀容器に入れた水は長持ちするので、銀の壷に飲料水を保管することで、長期間の航海が可能となりました。
 旧ソ連でも上水道における銀イオン殺菌法(電解法)が開発され、フランス・ドイツ・アメリカがこれに追随して銀使用の上水道殺菌が一般化しました。しかし、銀による殺菌は高価なため、徐々に塩素殺菌法へと移行していきました。

バナースペース

ヒューマン・ネットワーク研究所

〒142-0041
東京都品川区戸越6-9-20

TEL 03-6426-2240
FAX 03-6426-2245
e-mail info@kaizenup.net